当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

Interview

先輩の声

建築事業部 工事係長

井浦寛太

1 級建築施工管理技士

街の中で「カタチに残る仕事」。それが一番のやりがいです。


建築事業部 工事係長

井浦寛太

1 級建築施工管理技士

街の中で「カタチに残る仕事」。それが一番のやりがいです。


多くの人や現場を指揮し、お客さまに喜ばれる建物づくりを目指しています。

建築事業部はマンションなどの大きな建築物を手がける部署で、私はその現場監督をしています。 安全管理、品質管理、工程管理、原価管理、現場のことをトータルで仕切っていくのが現場監督の仕事です。 協力業者、職人さん、メーカーさんなどたくさんの人たちに協力してもらいながら一つのチームとして仕事を進めていくので、 人間関係を何よりも大切にしています。

この仕事に就いた理由は?

大学卒業して 4 年間は別の仕事をしていましたが、将来に不安を感じ、転職しました。
大学が建築学科だったこと、父が同じ現場監督の仕事をしていたことが、建築の仕事に就こうと思ったきっかけです。
4 年目ごろには現場を一人で任されるようになりましたが、当初は戸惑いや不安の連続。
しかし仕事のやり方は自由で、最後まで責任をもってやらせてもらったことが今につながっています。
大変ではありますが、面白みのある仕事です。

この仕事に就いた理由は?

どんなところにやりがいを感じますか?

自分が指揮をとってマンションが完成した時の〈達成感〉と、自分が携わった建物が街の景観をつくっていることの〈誇らしさ〉です。
建築の現場は厳しいですが、ムリなお願いをした時に「井浦さんが言うなら」と快く引き受けてもらった時はうれしいですし、
この人たちと仕事ができることにもやりがいを感じます。

どんなところにやりがいを感じますか?

将来の目標はなんですか?

建築の現場は厳しいことも多いですが、
その中で創意工夫をしながら広い視野をもち、
明るい職場と信頼関係を創っていきたいと考えています。
自分の仕事のやり方を確立してスキルアップし、ゆくゆくは公共施設などの特殊物件にも挑戦したいです。

将来の目標はなんですか?