省エネルギー

躯体断熱

断熱は、床・壁・天井に隙間なく完全に所定の厚みや密度で施工することが基本です。
それも、なるべく製造エネルギーが低く、安全な断熱材が良いことは言うまでもありません。Oak desigh house では新聞紙を解繊しリサイクルして製造する「セルロースファイバー断熱材=デコスドライ工法」を全棟標準採用しています。
デコスドライ工法は、床・壁・天井にブローイングマシーンで吹き込み施工を行うため、金物や配線・配管の裏側にも均一に施工できる吹込み工法です。(関連会社 (株)デコスの開発工法です。)
「e-sola」では、床・壁に100mm、天井に300mmを吹き込む仕様としており、高性能サッシ・ガラスと共にQ値(断熱係数)1.7を実現しています。

セルロースファイバー断熱材で「温熱等級4」はデコスだけ!

デコスドライ工法とは?

次世代省エネ基準に適合!
断熱材の性能を最大限に引き出すデコスドライ工法!

効果的な断熱・防音施工を行うには断熱材の素材性能の高さはもちろんのこと、施工方法が大切です。デコスドライ工法は乾式吹込み工法なので手の届かない隅部の充填が可能で、隙間からの熱損失を防ぎ、抜群の断熱・調湿・防音性を実現します。

施工方法?

40坪の住宅で施工者3名で約4日間。おおよそ1tの断熱材で完全施工をお約束します。
この量は一般家庭の朝刊10年分に相当します。

多機能断熱材!

デコスドライ工法は、他の断熱材と違って、高い断熱性能を有するだけでなく、「吸音性能」「調湿性能」に優れています。
そのため、これまでもピアノ教室やFMラジオ局のスタジオルーム、更にはご家庭のシアタールームにも採用され大きな実績を上げています。

安全性・防火性・嫌虫性!低い製造エネルギー。

デコスファイバーは、安全で快適な空間をお約束します。

デコスファイバーはホウ酸・パラフィン加工してあるため、 水をはじき、且つ防火性能を有しています。

施工・保証システムも万全!

デコスドライ工法は、他の断熱材と違って、技術を習得した専門施工技術者の手によって施工されています。このため、均一施工が可能になり、その証として「壁体内無結露20年保証」をしています。

日本セルロースファイバー断熱施工協会の認定施工店による責任施工/「デコスドライ工法」は、厳格な品質管理及び検査を経て施工されたものであり、
   当工法のセルロースファイバー素材内部に結露が発生しないことを20年間保証します。無結露20年保証 デコスドライ工法[セルロースファイバー素材内部]●(財)建築環境・省エネルギー機構省エネ機・評定第(2)511-1号●住宅金融公庫認定住公発 第561号(環)●国土交通大臣認定[防火構造]認定番号 PC 030 BE-0200外壁(耐力壁)各30分間の規程に適合